ひき逃げの交通事故

いつ交通事故に巻き込まれるか分かりません。
もしかしたら、ひき逃げの被害者になってしまうこともあります。
普通に歩いていただけにも関わらず、後ろから車にひかれてしまうことがあります。
それが重症だった場合、人生が変わってしまうかもしれません。
ひき逃げだけは、いくら気を付けていても起こってしまう可能性があります。


ひき逃げということは、加害者が特定することが難しいです。
目撃者などがいれば、見つけることが出来るかもしれません。
加害者が特定することが出来なければ、お金を請求することが出来ません。
警察に相談すれば、目撃者を探してくれます。
大通りでの事故の場合は、目撃者がいることも多いです。
しかし、人通りが少ないところなどは目撃者がいないことが多いです。
日にちが経っても、加害者どころか目撃者も現れないことがあります。
そうすると、いつまで経っても解決しません。


そうならないために、自分が目撃者になるのも良いかもしれません。
重症の場合は無理することはありませんが、少しでも力が残っていたら、ひき逃げされた車のナンバーや色などの特徴を覚えておきましょう。
そうすれば、加害者を見つけやすくなります。
また、大声で叫ぶのも良いです。
そうすれば、誰かが気が付いてくれるかもしれません。
その人が目撃者になってくれます。
救急車などを呼んでくれて、あなたを助けてくれます。
自分でも出来ることはあると思うので、力を振り絞ってやってみましょう。